FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼミ通 '07/07月号

              ゼミナール通信 7月号


✰合格体験記✰
 ❃今春、東京大学理科一類に合格した末善くんの合格体験記です❃
  僕は、この篠原ゼミナールに小6からずっとお世話になってきました。英語・数学・国語に
おいて、それぞれ篠原先生・奥野先生・佐藤先生に教えていただいた、当ゼミの最古参です。
基本、ここ以外の塾に通ったことはありません。
  僕は、高2の後半あたりから何となく「レベルの高い大学」を受験しようと考えていたので
すが、自分のレベルがいまいち分かっていませんでした。結局、東大受験を本格的に意識し始
めたのは部活が終わった8月からで、それからはただひたすら机の前に座って問題を解きまし
た。ほとんど無計画でした。しかし、その中で「自分の位置」がようやく分かってきました。
 河合や駿台の、いわゆる東大模試の判定は、最初からD、それ以外、1回を除いてすべてCで
した。この判定を僕は「ボーダーラインよりちょっと下」と読みました。後になってみると、
この位置はモチベーションを保つ上で絶好の位置だったのではないかと思います。『少し背伸び
したくらいの目標の方がやりがいがあっていいのでは?』というのも一つの考え方ではないで
しょうか。
  実際、判定からいって「落ちても受かってもおかしくない」ボーダーライン上にいたわけで
すが、僕個人としては不思議と落ちる気はしませんでした。それには2つ理由があったように
思います、1つは高3の夏からではあれ『精一杯やった』という意識があったこと。普通の授
業の日は8時まで土日は4時まで教室や図書館にこもっていましたし、最低限の英単語の暗記、
リスニング対策は断続的に続けてきました。当ゼミにも真面目に通い続けました。
  もう一つは、当ゼミの先生方をはじめ、周囲の人々の支えと、温かい眼差しがあったことで
す。この文章を読んでいる方のほとんどがうなずいてくれると思うのですが、当ゼミはまれに
見るアットホームな学習塾です。先生方の人柄の良さにはいつも癒されていましたし、実に温
かみのある人間関係が築けました。
  最後になりましたが、先生方、7年もの長きに渡り、本当にお世話になりました。篠原先生
のおもしろい英語、奥野先生のピンポイント数学、佐藤先生の楽しむ国語は確実に僕の力にな
りました。改めまして、ありがとうございました。


☀夏期特別受講☀
  各学年、従来数学・国語を選択していない方も夏休み期間中、受講することができます。
  受講希望の方は各教科担当または事務局まで申し出てください。

✽お知らせ✽
  ❑授業を欠席する場合は連絡をしてください。
  ❑メールアドレスの用紙が未提出の方は、早めに提出してください。

✽休講日のお知らせ✽  
  6月29日(金),30日(土)┈ただし、一部補講が入るクラスがあります。
  7月30日(月),31日(火)┈ただし、お盆休講分の補講が入る場合があります。
  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。